いろんなものいらないものが売れる
財布タンスのお金価値
財布タンスの古いお金
珍しいもので価値が1万倍以上
コインアルバムホルダーコレクション
古銭切手テレカ商品券
大量処分で10万円!
※査定額は個人差あります。

あなたのシェアが助けになります

真実の江戸時代貨幣価値 昔のお金いくらになる

あなたのシェアが助けになります

昔と今とでは価値がまったく違う。銅の1文銭でも高いものもあるから驚きだ。

カズヒコ古銭コレクター収集マニア

鑑定しだいというとね。鑑定士の人がいくらを付けるか?古銭は今では使えないし、換金しないと使えない。文無しになっても困るでしょ。

クミココイン売りたい評判良いとこどこ

悪質会社に要注意
よい会社とは!
自宅整理一括処分コレクション手放す サポート万全
クーリングオフ対応
ていねいで礼儀正しい
全国無料今すぐ出張査定
↓ネットで一番の高評価こちら↓

 

「いくらか聞きたい」「今は売らない」
査定のみOK おすすめ無料鑑定比較

江戸時代の食費とお金の価値

元禄時代町人貨幣価値江戸っ子は宵越しの金を持たない?
 江戸時代は今よりも貨幣の価値が高く、食事代が高くなっていました。それも、貨幣より米のほうが資産価値があると考えられていたからです。

当時は銭の貨幣を使っていたとされています。大判小判ではものを買いません。銀貨を使うこともありましたが、庶民が使うのは銭の貨幣でした。中国の渡来銭寛永通宝などの日本の銭貨幣でした。

江戸時代は100年以上の歴史があります。その中で貨幣の価値は変わりました。

江戸時代の食品と貨幣価値表
食品名 当時の価格 現在の価値
(上・江戸初期
中・中期
下・幕末)
米1kg 約27文 約675円
約337円
約67円
長いも一本 約100文 約2,500円
約1,250円
約250円
酒1升 約200文 約5,000円
約2,500円
約500円
鳥1羽 約400文 約10,000円
約5,000円
約1,000円
たまご1個 約10文 約250円
約125円
約25円
そば
うどん1杯
約16文 約400円
約200円
約40円
砂糖1升 銀4匁 約8,000円
約4,000円
約800円
すし1貫 約8文 約200円
約100円
約20円

※江戸初期1両を10万円、中期を1両5万円、幕末を1両1万円

■江戸時代貨幣単位 
1両=4分=16朱=4,000文(4貫文)
1分= 4朱=1,000文(1貫文)
1朱= 250文

1文=25円(江戸初期)
   12.5円(江戸中期)
   2.5円(幕末)

米1石=約150キロ

・参考資料
日本銀行金融研究所

1両は今いくら

江戸の家計簿(楽天)

お金の価値は変わるんだ。今でも同じだよね。江戸時代は飢饉もあったし、大地震や富士山の噴火もあった。お米が少なくなると、物価も上がるよ。お金の価値が下がるのと同じことだね。

聖徳太子古銭ガイドたいしくん

江戸時代価値の高い貨幣

大判古金銀金貨超レア 大判金
 貨幣価値 約7両(不定)
 現代価値 100万円以上
 最高額 1000万円

小判金江戸時代高い価値 小判金
 貨幣価値 約1両(不定)
 現代価値 100万円以上
 最高額 900万円

一分金高額査定 一分判金
 貨幣価値 0.25両(4000文)
 現代価値 10万円以上
 最高額 200万円

金貨、銀貨は江戸時代でも貴重でした。貨幣とは違い、独自の価値と相場があります。徳川幕府では額面ができたため、小判一枚=1両と定められました。しかし、経済と貨幣制度の安定がされておらず、インフレや貨幣価値の下落が起きたのです。大判は特に贈り物や褒賞として使われました。当時で最高の宝物と考えられています。

江戸時代価値の低い貨幣

寛永通宝1文江戸時代低い価値寛永通宝
貨幣価値 1文
現代価値 100円
※種類によっては高額

渡来銭道光通宝中古極古銭価値渡来銭(道光通宝)
貨幣価値 1文
現代価値 200円
※他の渡来銭で5万円例あり


文久永宝徳川時代昔のお金文久永宝
貨幣価値 ?
現代価値 200円
※一部貴重種30万円あり

画像楽天大和文庫より

銅でできている穴銭類は、江戸時代から価値が低いものでした。現代の鑑定額でも低価格の傾向があります。現存数が多いもの、低品質のものが価値を下げます。

同じ種類でも鑑定額が変わる。字体ひとつで数万円の差が付くのだ。江戸時代の貨幣鋳造技術では、まったく同じ硬貨を作り出せなかったのだ。職人が作った貨幣であり、芸術品として価値があるかが重要だ。

聖徳太子古銭ガイド

江戸時代の給料と貨幣

徳川家康江戸時代貨幣価値武士より農民が貯蓄がある?
 将軍徳川は年収1兆円以上あったと言われています。対して一般武士は収入と支出がほぼ同じ。人口の約8割の農民は貯蓄があったとされています。

江戸時代は給与を米で支払うことがありました。三貨制度で貨幣の価値が決まりましたが、庶民は米などの物々交換をしていたとも言われています。金貨や銀貨は商人や高級武士などが使い、贈呈や賞与でも使われました。賄賂、褒賞としては金銀財宝が適していたのです。

大名や武士の収入は石高(こくだか)で表されます。これはお米の量のことです。江戸時代の貨幣への信頼性の薄さが残っているのです。

1両=1石=180リットルの米


・関連記事一覧
ネットで査定申し込みを徹底解説
出張査定について詳しく解説
出張査定安全?キャンセルできる
郵送買取のかんたんなやり方
財布タンスにお宝?高く売れる硬貨
おすすめ高価買取店の理由
買取注意点
買取価格表一覧
査定前にコイン洗浄は必要?
古銭は両替できる?買取とどっちがいい

コメント

  1. 匿名 より:

    江戸古銭は鑑定額すごく違いが出る。近くの骨董店だと安く買い叩かれる。もう古いものって売れないんだと思うね。コレクション処分したり、遺品整理が増えてるから更に安くなるんだろ

  2. 匿名 より:

    江戸時代は海外のコレクターからも人気ですね。

    金貨、銀貨は世界のどこでも通用するお金ですから。

    甲州金や地方貨幣でもびっくりするほど高騰しますよ。