いろんなものいらないものが売れる
財布タンスのお金価値
財布タンスの古いお金
珍しいもので価値が1万倍以上
コインアルバムホルダーコレクション
古銭切手テレカ商品券
大量処分で10万円!
※査定額は個人差あります。

あなたのシェアが助けになります

元禄大判金価値いくら?

あなたのシェアが助けになります

◆一枚いくら?
25,000,000
~50,000,000円

※日本貨幣カタログより 手数料込価格
※オークション販売実績より算出

今いくら?元禄大判金価値

元禄大判金古銭価値現存数
元禄大判金値段売値いくらになる

元禄大判金データ表
古銭元禄大判金写真画像
鋳造期間 元禄8年~享保元年
1695年~1716年
品位 金521 銀449 雑30
金純度 K12相当
大きさ 約156×97mm
重さ 164.56g
鋳造量 30,000
特徴 背に「元」極印あり 笹書 花押 年代で大きさ品位異なる

※日本貨幣商協同組合 日本貨幣カタログより

墨がきれいに書かれているものは価値が高い。コレクターから人気なものが高額査定になるのだ。元禄の改鋳があり、金の純度は落ちた。今で言うと12金相当だから、質が下がったということだな。しかし大量生産できるようになり、幕府の財政も良くなったと言われている。 

聖徳太子古銭ガイド

ガイド聖徳太子


安心便利古銭買取比較
バイセル公式古物買取 買取プレミアム古銭古金銀 ウルトラバイヤープラス大判小判
古銭専門全国対応
年配の方向け
関西の強み

・関連記事一覧
査定前にコイン洗浄は必要?
ネットで査定申し込みを徹底解説
出張査定について詳しく解説
郵送買取のかんたんなやり方
財布タンスにお宝?高く売れる硬貨
おすすめ高価買取店の理由
買取注意点
買取価格表一覧
古銭は両替できる?買取とどっちがいい

元禄大判金オークション落札価格
※落札価格例です

元禄大判金昔のお金本当の価格
元禄大判金相場鑑定額
元禄大判金買取価格相場

■江戸時代貨幣単位 四進法
1両=4分=16朱=4,000文(4貫文)
1分= 4朱=1,000文(1貫文)
1朱= 250文
1文= 10~20円
1両=約5~10万円
大判=小判7両とすると

◆大判の価値
江戸初期=約70万円
幕末=約2万8千円~7万円

◆オークション落札価格例
元禄大判金
玩賞品 200,000円

おもちゃ、鑑賞用のものは安くなります。ただ昔に作られたものは価値があるのです。本物なら100万円以上の価格が付きますが、私鋳貨(にせもの)などでも数十万円の値段が付きます。

宝石として考えれば、K12相当ですからけして高くなはないでしょう。金貨やインゴットよりは純度が低いのです。しかし、金の価値は昔から高かったと言います。大判の価値はいくらと決まっていませんでした。今で言う金の取引相場がありました。 

価格比較 昔いくらだった?


大名大判での価値年収いくら 大名の贈答として
 大名の年収1200億円以上

将軍大判でお金どのくらい 将軍の献上、軍用として
 将軍の年収1兆円以上

武士大判江戸時代貨幣換算価値 武士の褒賞として
 御家人の年収約1200万円

※元禄大判の当時の価格は大判相場(金相場など)による


次のおたからはいくら?
大判買取価格一覧
古銭名現代買取価格
慶長大判買取
13,000,000~45,000,000円
元禄大判買取
25,000,000~50,000,000円
享保大判買取
4,500,000~9,000,000円
天保大判買取
5,000,000~10,000,000円

通販で買える?

元禄大判金ネット通販買いたい
元禄大判金海外コイン比較

元禄大判金は買うことが難しい品物です。銀座オークションやJNDAオークションでも中々見られないものだからです。博物館や展示品はあります。これはもちろん非売品で、いくら出しても買えないでしょう。大判や小判を買うなら、古銭商やネット通販店をいくつも探すことです。ネットオークションや海外通販サイトなどに出品されていることもあります。日本のお金やコインは海外に流出したこともあるからです。

ガチャガチャなら一つ約150円です。エポック古銭コレクション

ガチャガチャはフリマや、ほかネットショップで通販ができます。自分が欲しい古銭を買うならおすすめの方法です。

楽天古銭通販いくらか見る

模造品は昔から存在した。私鋳貨と呼ばれることもある。お金を偽造すると捕まることもあるが、おもちゃなら別だ。今大判を買うならレプリカが安くて入手しやすい。江戸時代でも金貨は貴重だった。レア度では今も昔も変わらないということだな。

聖徳太子古銭ガイド

ガイド聖徳太子

元禄大判金とは

元禄大判金とは元禄の改鋳によって作られました。徳川時代の貨幣制度は元禄期に完成したと言われています。大判は江戸時代以前から存在しました。丁銀や豆板銀なども大阪周辺で使われていたものです。こうしてみると江戸時代の貨幣制度は以前から使われていた制度を取り入れたものになるでしょう。

品質は下がりましたが、現代の鑑定額は同じかそれ以上です。古銭や古金銀の価値は金の含有率だけでは決まらないということです。現存数の少なさや人気、保存状態などで価格が変わります。

当時の価値も決まっていなかったんだ。今なら1万円札は1万円だけど、昔は違ったということだね。特に大判はものを買ったりするのに使われなかったから。偉い人たちが贈り物をしたり、資産にしたりしたと伝えられているよ。

聖徳太子古銭ガイドたいしくん

たいしくん