いろんなものいらないものが売れる
財布タンスのお金価値
財布タンスの古いお金
珍しいもので価値が1万倍以上
コインアルバムホルダーコレクション
古銭切手テレカ商品券
大量処分で10万円!
※査定額は個人差あります。

あなたのシェアが助けになります

宝永一分判金解説 価値と買取がよくわかる

あなたのシェアが助けになります

◆一枚いくら?
100,000
~800,000円(逆打込)

※日本貨幣カタログより 手数料込価格
※オークション販売実績より算出

価値はどれだけある

宝永一分判金価値いくら
宝永一分判金古銭昔のお金価格

宝永一分判金データ表
宝永一分判金古銭価値買取写真画像
鋳造期間 宝永7年~正徳4年
1710年~1714年
品位 金834 銀166
金純度 k20相当
大きさ 約10×17(mm)
重さ 2.33g
特徴 書体が数種類 乾字が異なる

※日本貨幣商協同組合 日本貨幣カタログより

この頃、藩札の発行が禁止された。ふつうの人が使うお金は寛永通宝と決まったからだ。金貨は農民や武士が使うには価値が高すぎたのだろう。当時の政府の財政や貨幣の管理があるとも言われている。昔のお金でも質や価値がそれぞれ違うのだ。この時期は富士山が噴火という大事件もあった。

聖徳太子古銭ガイド

ガイド聖徳太子


安心便利古銭買取比較
バイセル公式古物買取 買取プレミアム古銭古金銀 ウルトラバイヤープラス大判小判
古銭専門全国対応
年配の方向け
関西の強み

・関連記事一覧
査定前にコイン洗浄は必要?
ネットで査定申し込みを徹底解説
出張査定について詳しく解説
郵送買取のかんたんなやり方
財布タンスにお宝?高く売れる硬貨
おすすめ高価買取店の理由
買取注意点
買取価格表一覧
古銭は両替できる?買取とどっちがいい

今いくら?宝永一分判金

宝永一分判金オークション落札価格
※落札価格例です

宝永一分判金江戸時代古札貨幣

宝永一分判金は1分ですから、今で言うと1万円から2万円の価値になるでしょう。実際の価格・相場はこの金額になりません。昔の金の価格も決まっていませんでした。一分金は計数貨幣でしたが、実際の価値は変わっていたのです。

コレクターも減ってきました。昔のお金としてのプレミアムがなくなると、ただの金属になります。もちろん高い値段が付くものもあります。一つで10万円以上、100万円で落札されたものもあります。オークションだと高い値段が付くこともあります。

◆オークション落札価格例
美品
日本貨幣商協同組合鑑定書付き
⇒50,000円

◆通販サイト価格例
極美品
⇒120,000円

価格比較 昔いくらだった?


米と古銭価値価格比較 米1kg=約27文
 宝永一分金1枚=米40kg相当

そばと古いお金の価値比較 そば1杯=約16文
 宝永一分金1枚=そば62杯相当

酒と昔のお金値段いくらか相場 酒1升=約200文
 宝永一分金1枚=酒5升相当

※物価は江戸中期ごろ
※宝永期に米の価格は約80%高騰した


次のおたからはいくら?
江戸時代古銭買取価格
古銭名現代買取価格
慶長一分金
100,000~1,600,000円
元禄一分金
180,000~700,000円
宝永一分金
100,000~800,000円
正徳一分金
650,000~1,300,000円
文政一分金
25,000~150,000円

両替買取はどこがいい

宝永一分判金換金買取両替
宝永一分判金売値売りたい鑑定

古銭は買取できないところが多いのです。貴金属店や宝石店では買取できません。JNDAが鑑定や販売買取していますが、すべて買い取ってくれるかはわかりません。コイン商は廃品回収業者ではないのです。コレクターに販売しますから、金でできていても買い取らないこともあります。

古銭や古いお金は種類によっては値段が付かないことがあります。高く売るなら、ほかの昔のお金や切手・毛皮などとまとめて売ることです。どれが高く売れるかは鑑定してみてのお楽しみです。出張査定、宅配買取なら日本全国無料鑑定です。

宝永一分判金はもちろんお金なんだ。でも今の時代とはぜんぜん違うよね。明治や大正時代のお金は使えるけど、江戸時代はダメ。今のお金に変えたいなら、銀行両替ではなくて買取かコイン商に換金するしかないんだ。

聖徳太子古銭ガイドたいしくん

たいしくん

 

いくら?近くの店探したい

通販で買える?

宝永一分判金通販ネット買いたい

宝永一分判金は楽天やヤフーショッピング、Amazonなどでも買うことができます。販売者(出品者)はJNDA加盟店や個人ショップだったりします。出所や鑑定書が大事なら詳しく調べてみましょう。

ネットで買うと手数料などが安くなることもあります。有名なコイン商やディーラーでは手数料が高くなるものです。有名なコイン商で通販すると高くなります。反対にや出所不明なものは安く買えます。

楽天古銭通販いくらか見る

Amazon古銭通販いくらか見る

古銭を買うというのは歴史ロマンがある。宝石だと考えればコレクターでなくても欲しくならないか。安物のゴールドよりは純度も高いのじゃ。18金以上の価値。徳川時代の遺産。そして古いお金のプレミアムが通販で手に入るのだな。

聖徳太子古銭ガイド

ガイド聖徳太子

宝永一分判金とは

宝永一分判金は江戸時代のお金です。大判とは違って、武士や商人などが日常的に使っていました。当時では小判よりも価値が低いとされました。表面に桐紋、中央に「一分」、裏面に「光次」が刻印されています。

この時代は何度も貨幣改鋳が行われました。金座や両替商、貨幣鋳造機関がかかわって交換作業をしたのです。宝永時代は1710年から始まりました。増歩と呼ばれるプレミアムを追加したのです。宝永一分判金は金の含有率は低くなっていますが、貨幣の価値はそれ以外にもあるということです。

末期には金銀流出が起きました。宝永一分判金も金の純度は834となっています。時代によっては5割程度に落ち込んだことにも理由があるのです。

■宝永の改鋳とは
幕府は御触書を出し、小判・一分金の鋳造を行った。金貨の流通は減少。銀貨の流通量が増加したため全体の金銀の流通量は増加。宝永金の鋳造は金座に対して命じられた(誠斎雑記)。寛保集成(1785年)によれば①元禄金は品位が低く、不便が多いので品位を変える②元禄二朱金は廃止するので引き換え③新金が普及するまでは古金も使用できるとされる。この改鋳で宝永小判の品位は大幅に上昇し、軽量化もされた。