いろんなものいらないものが売れる
財布タンスのお金価値
財布タンスの古いお金
珍しいもので価値が1万倍以上
コインアルバムホルダーコレクション
古銭切手テレカ商品券
大量処分で10万円!
※査定額は個人差あります。

あなたのシェアが助けになります

佐渡小判金とは 価値と買取価格にびっくり!

あなたのシェアが助けになります

◆一枚いくら?
3,500,000
~6,500,000円

※日本貨幣カタログより 手数料込価格
※オークション販売実績より算出
※筋紙、利神、高神、又神含む

価値はどれだけある?

江戸時代の中でも特に高額なのが佐渡小判金。昔は佐渡の金山から金が発掘されていたからです。採掘場でもあり、製造場所でもありました。佐渡小判の価値は特に高いとされています。

フクザワ鑑定士貨幣査定詳しく

佐渡小判金データ表
貨幣写真 佐渡小判金古銭写真画像
鋳造期間 不明
品位 金861 銀139
金純度 k20相当
大きさ
重さ 17.78g
鋳造量
特徴 背面に佐の刻印「筋」「神」、「利」「神」、「高」「神」、「又」「神」

※日本貨幣商協同組合 日本貨幣カタログより

佐渡小判は特に価値が高い。古銭商やオークションでも入手しづらい貴重品だ。貨幣学上の分類はあいまいであり、他の駿河・京都・甲府と差別化されないこともある。

聖徳太子古銭ガイド

ガイド聖徳太子


安心便利古銭買取比較
バイセル公式古物買取 買取プレミアム古銭古金銀 ウルトラバイヤープラス大判小判
古銭専門全国対応
年配の方向け
関西の強み

・関連記事一覧
査定前にコイン洗浄は必要?
ネットで査定申し込みを徹底解説
出張査定について詳しく解説
郵送買取のかんたんなやり方
財布タンスにお宝?高く売れる硬貨
おすすめ高価買取店の理由
買取注意点
買取価格表一覧
古銭は両替できる?買取とどっちがいい

今いくら?佐渡小判金

佐渡小判オークション落札価格
※落札価格例です

160万円!フリマでこれだけ売り上げ出したらすごいよ。ブランド品でも100万円以上で売れにくいから。江戸時代の金ってすごいね。

メイコイン無料好きな女性

これだけのお金をもらったら税務署から厳しくなりそうね。小判で脱税という話は聞いたことがないけど。

クミココイン売りたい評判良いとこどこ

小判でも100万円以上するものは珍しい。佐渡で作られたもので希少価値は上がるだろう。慶長時代、元禄時代の小判はよく見かける。

カズヒコ古銭コレクター収集マニア

古銭の価値は下がってきています。小判の中でも ①希少性がある ②人気がある ③保存状態が良い など付加価値がないと価格は上がりません。佐渡小判が他のものと区別されるのも、ここに理由があります。

◆オークション落札価格例
・慶長小判金(佐当)
日本貨幣商協同組合鑑定書付
美品 ¥1,600,000

・元文小判金(筋神) 佐渡座
美品 ¥200,000

・絵巻 佐渡鉱山御繪図
乾之巻,坤之巻 2巻1組
¥50,000

価格比較 昔いくらだった?


米と古銭価値価格比較 米1kg=約27文
 佐渡小判1枚=米148kg相当

そばと古いお金の価値比較 そば1杯=約16文
 佐渡小判1枚=そば250杯相当

酒と昔のお金値段いくらか相場 酒1升=約200文
 佐渡小判1枚=酒20升相当

※物価は参考価格
※江戸時代は物価が不安定 米の価格は飢饉などで変化した


小判図解 紋様刻印

小判表面極印紋様花押小判裏面極印文字はなに?
次のおたからはいくら?
小判買取価格一覧
古銭名現代買取価格
慶長小判
1,300,000~9,000,000円
元禄小判
1,800,000~6,000,000円
宝永小判
1,200,000~4,500,000円
正徳小判
2,300,000~4,000,000円
佐渡小判
3,500,000~6,500,000円

両替買取はどこがいい

佐渡小判は銀行では両替できません。小判の相場は決まっていないからです。骨董品や昔の貨幣は定価がありません。決まった価格がなければ、鑑定で値段が決まります。日本の古銭は昔よりも価格が下がっていると言われます。

鑑定して換金するのはリサイクルショップ、買取店、古銭商などがあります。買取価格の付け方はそれぞれ違いますが、プロの鑑定士が高くなるとは限りません。その理由は偽物や傷、汚れなどを厳しくチェックするからです。

佐渡小判は、同じ江戸時代の小判とは区別されます。他より高額査定になるため、買取先が重要です。鑑定料無料、即日買取はメリットがあるでしょう。

小判は金塊。骨董でもあるので鑑定額は高くなりやすい!特に佐渡小判は相場も高く貴重。買取店は手数料無料だから、その分だけお得になるね!金額にすると数千円から一万円以上になるよ。

聖徳太子古銭ガイドたいしくん

たいしくん

 

いくら?近くの店探したい

佐渡小判金とは

佐渡小判金とは、江戸時代に佐渡地方で作られた小判のことです。「佐」の極印があることから、佐字小判と呼ばれることもあります。江戸時代、小判は金座で鋳造されました。当時は金座は京都、佐渡、駿河、甲府にありました。昔の日本は世界有数の金産出国で、佐渡の金山もそのうちの一つだったのです。

現在佐渡の金山は1601年に閉山しています。佐渡は現在の新潟県佐渡市周辺です。金の採掘量が盛んだったことで、黄金の国ジパングという逸話や金取引が多かったという話もあります。江戸時代の東日本は「金遣い」と言われました。一方の西日本では「銀遣い」と言われ、当時の中国など外国と銀の取引をしていたことが分かるのです。

佐渡小判所は、元和7(1621)年に開設されました。その後文政2(1819)年、元文金の鋳造停止によって金の製造が中止されます。製造場所の金座は、貨幣の製造場所であり発行にも関わっていました。金座は徳川幕府の銀行とも呼べる役割を担っていたのです。

佐渡地方で作られた小判は特に貴重なんだ。金が掘り出されたのが佐渡だから、作った場所も佐渡が多かったんだね。ただ、今残っている数は少ないよ。外国に流れたり、作り変えられたりしたので現存数が減ったんだ。

聖徳太子古銭ガイドたいしくん

たいしくん