いろんなものいらないものが売れる
財布タンスのお金価値
財布タンスの古いお金
珍しいもので価値が1万倍以上
コインアルバムホルダーコレクション
古銭切手テレカ商品券
大量処分で10万円!
※査定額は個人差あります。

あなたのシェアが助けになります

天保大判金価値いくら?

あなたのシェアが助けになります

◆一枚いくら?
5,000,000
~10,000,000円

※日本貨幣カタログより 手数料込価格
※オークション販売実績より算出

今いくら?天保大判金価値

天保大判金価値いくら
天保大判金査定鑑定

天保大判金データ表
天保大判金実物写真画像
鋳造期間 天保9年~万延元年
1838年~1860年
品位 金674 銀326
金純度 K15相当
大きさ 約156.5×93.2mm
重さ 165.38g
鋳造量 1,887
特徴 背・極印(方次丘、伊三丘、伊文丘、伊次丘、い宇川、は宇川)

※日本貨幣商協同組合 日本貨幣カタログより

天保大判金は徳川時代の後期の貨幣だ。改鋳(かいちゅう)が行われ、何度も作り変えられた。他の時代の金貨と比較しても価値が高いことが分かる。ほとんどが100万円以上の値段が付くが、当時のお金で換算すると100万円を下回ると言われておる。

聖徳太子古銭ガイド

ガイド聖徳太子


安心便利古銭買取比較
バイセル公式古物買取 買取プレミアム古銭古金銀 ウルトラバイヤープラス大判小判
古銭専門全国対応
年配の方向け
関西の強み

・関連記事一覧
査定前にコイン洗浄は必要?
ネットで査定申し込みを徹底解説
出張査定について詳しく解説
郵送買取のかんたんなやり方
財布タンスにお宝?高く売れる硬貨
おすすめ高価買取店の理由
買取注意点
買取価格表一覧
古銭は両替できる?買取とどっちがいい

天保大判金競売落札価格

※落札価格例です

天保大判金古銭本物値段
天保大判金売値価格相場
天保大判金買取売り先どこがいい
天保大判金両替換金銀行

■江戸時代貨幣単位 四進法
1両=4分=16朱=4,000文(4貫文)
1分= 4朱=1,000文(1貫文)
1朱= 250文
1文= 10~20円
1両=約5~10万円
大判=小判7両とすると

◆大判の価値
江戸初期=約70万円
幕末=約2万8千円~7万円

◆オークション落札価格例
・天保大判金 伊三丘 後藤方乗墨書
日本貨幣商協同組合鑑定書付
未使用品 ¥5,500,000

・天保大判金 伊文丘 元書
極美品 ¥7,500,000

大判は高い値段が付きます。それもそのはず、大判は製造枚数が少なく入手困難だからです。他にも理由はありますが、純度の高さだけでは価格は決まりません。コレクターからの評価も値段に影響してきます。墨の書体、輝き、手ずれ具合などを見ているのです。江戸時代の製造方法では、一つとして同じものはできませんでした。価値の高いものと低いものでは100万円以上差が付きます。

価格比較 昔いくらだった?


大名大判での価値年収いくら 大名の贈答として
 大名の年収1200億円以上

将軍大判でお金どのくらい 将軍の献上、軍用として
 将軍の年収1兆円以上

武士大判江戸時代貨幣換算価値 武士の褒賞として
 御家人の年収約1200万円

※天保大判の当時の価格は大判相場(金相場など)による
※幕末頃インフレが起き、金の流出があった


次のおたからはいくら?
大判買取価格一覧
古銭名現代買取価格
慶長大判買取
13,000,000~45,000,000円
元禄大判買取
25,000,000~50,000,000円
享保大判買取
4,500,000~9,000,000円
天保大判買取
5,000,000~10,000,000円

通販で買える?

天保大判金ネット通販買いたい

天保大判金は現存数も限られるものです。ネットショッピングやオークションで探すのは困難です。JNDAオークションや一部の店舗で販売しています。金貨の価値は高いため、大昔から転売や投機に利用されてきました。高価な古金銀のため大口の収集家のコレクション、展示品になるだけです。

立ち合いの競売では原則返品できません。落札手数料も8~10%かかり、立ち合いオークションのデメリットと言えるでしょう。買うときはキャンセルや返品はできないと考えましょう。レプリカやおもちゃは数千円で通販ができます。高い価格の偽物を買うよりは安くて良い買い物となるでしょう。

楽天で古銭通販いくらか見る

当時でも手に入りにくいものだった。そのためか、鑑賞目的の大判も製造された。今も昔も価格は決まっていない。金の価格は上がり続けているが、古銭の価値はそれだけではないのだ。海外でも買うことはできるが、鑑定の信頼性は保証できない。

聖徳太子古銭ガイド

ガイド聖徳太子

天保大判金とは

天保大判金とは江戸時代中期の頃に作られた昔のお金です。作り直されたことから吹増大判、吹継大判ともいいます。表面には墨書が書かれています。墨で書かれた文字は、年代で違いがあるのです。五三桐や花押という独自の紋様があります。古銭の価値はこのようなところにあると言えるでしょう。天保の改鋳で貨幣の質が変わりました。流通量や金の純度が変更され、当時の経済にも影響を与えたのです。

生産数が多くなれば、現代での価値も変わります。昔のコインは希少価値も重要です。日本、海外のコインでも希少性や人気、歴史的価値などが影響してくるのです。江戸時代の古銭は一朱銀、丁銀など他にもあります。しかしながら金銭的価値では大判が最も高いと言えるでしょう。

天保大判金は賞与でもあったんだ。勲章かボーナスみたいなものだね。額面がないから、現代とは違って価格が分からないね。贈り物としても使われたよ。当時のお金の頂点だから最高の宝物だね。

聖徳太子古銭ガイドたいしくん

たいしくん