いろんなものいらないものが売れる
財布タンスのお金価値
財布タンスの古いお金
珍しいもので価値が1万倍以上
コインアルバムホルダーコレクション
古銭切手テレカ商品券
大量処分で10万円!
※査定額は個人差あります。

あなたのシェアが助けになります

売るならここ!東京オリンピック記念硬貨1964年

あなたのシェアが助けになります

東京五輪記念硬貨'1964 千円銀貨

東京五輪記念硬貨’1964 千円銀貨


紅林コイン

記念硬貨はまだ高い人気を持っています。特に昔の東京五輪メダルは価値が高いです。

しかし収集ブームのときよりは値下がりしました。
これからの買取価格もわかりません。
コインの売り先おすすめをご紹介します。

日本万国博覧会記念メダル売るならどこがいい

悪質会社に要注意
よい会社とは!
自宅整理一括処分コレクション手放す サポート万全
クーリングオフ対応
ていねいで礼儀正しい
全国無料今すぐ出張査定
↓ネットで一番の高評価こちら↓


売り先でお勧めなのは
①手数料無料
②土日祝日対応
③秘密厳守で来店不要
④出張鑑定で即日対応

バイセル、買取プレミアムが
条件をすべて満たします

 

「いくらか聞きたい」「今は売らない」
査定のみOK おすすめ無料鑑定比較
寛永通宝昔のお金買取価格
鑑定先比較ランキング
ネット買取が初心者でもわかる解説

東京五輪記念硬貨価格相場

東京五輪記念硬貨(昭和39年)相場例
~6,999円(710)
7,000円~13,999円(42)
14,000円~23,999円(27)
24,000円~37,999円(25)
38,000円~75,999円(14)
76,000円~298,999円(6)

東京オリンピック記念
落札件数は305件
平均落札価格は6,861円

東京五輪記念硬貨プルーフ(昭和39年)相場例
~26,999円(2)
27,000円~32,999円(2)
33,000円~37,999円(1)
38,000円~38,999円(1)
39,000円~40,999円(2)
41,000円~105,999円(1)

東京オリンピック記念 プルーフ
落札件数は1件
平均落札価格は40,802円

東京五輪記念硬貨種類価値

記念貨幣の引換えは大会直前から始まり、100円銀貨は1964年9月21日、1000円銀貨は同年10月2日から金融機関の窓口で両替という形式で交付された。1000円銀貨については引換え当日から長蛇の列ができ、間もなく品切れとなり、直ちにプレミアムつきで貨幣商で販売されるという反響振りであった。100円銀貨については発行枚数が多かったため、一部は稲穂通常100円銀貨とともに流通した。ウィキペディア

コイン収集ブームはなくなりました。メダルやコインはコレクションする人も減ってきたのです。コイン投資というのも、一部のものです。金の価格には価格変動=ボラティリティがあります。しかし記念硬貨や古銭のようなものは価格変動はしにくいです。そのかわり価格は決まっていませんから、売り先しだいでは高価買取も出たりします。しかし、記念硬貨は発行数も多くて買取拒否されたり安く買取されることもあります。

東京五輪記念硬貨’1964は昔のお金ですから現在でも使用できます。ただ普通の商店では使えないことも多いです。銀行ではすぐには両替できないでしょう。日本銀行へ送ったり、専用の機械で真贋鑑定します。ATMでは換金できないので、買取店や古銭賞などを探す必要があるのです。

昭和39年の東京五輪の時にはキーホルダーやプレートなども販売されました。昔の骨董品は価値が高いです。メダルや銀貨以外でも、アンティーク価値があるなら高く売れます。

東京五輪記念硬貨は発行数が多いです。千円銀貨が1500万枚。100円銀貨が8000枚です。造幣局発行のもので、お金と同じ価値があります。骨董品としては数が多いので、これから値上がりが期待しづらいです。2020年の東京五輪効果はどれだけ価格が上がるかはわからないのです。ブームや経済効果で価値、買取価格が上がれば投機的に儲けが出ます。しかし人気も出なければ、早めに売って処分してしまうのもおすすめです。株やコインの値段は上がり続けるわけではないからです。